車の知識

県外ナンバー狩りとは?ドライブレコーダーなど対策の方法を紹介

県外ナンバー狩り対策とは?ドライブレコーダーなど対策の方法を紹介

昨今コロナウイルスの影響でかなり世の中がピリピリしていますよね。

そんな中、県外のナンバーを付けている車が狙われる「県外ナンバー狩り」が起こっています。

今回はその県外ナンバー狩りについてやその対策について解説していきます。

県外ナンバー狩りとは?

県外ナンバー狩りとは、その名の通り他県ナンバーの車を見つけた地元住人が、その車に対して嫌がらせや破壊行為をおこなうことです。

被害は様々で、バンパーを破壊されたりガラスにひびが入っていたり、軽度の物で言うとガムが付けられていたといったものまであります。

この県外ナンバー狩りの始まりは一部の店で「県外ナンバーの来店禁止」などの行為をおこなっていたことがあるそうです。

外出自粛やステイホームを無視して観光やお出かけをしていると勘違いしているのか、こういった被害が多数見受けられます。

Twitter等では、「仕事でしょうがなく出ているだけなのに」「住人なのに」と被害を訴えている方がいます。

県外ナンバー=不要不急とは限らない

県外ナンバーの車だからといって必ずしも県外からの観光やお出かけとは限りません。

考えられるもの、実際にある理由としては

  • 仕事で致し方なく訪れている
  • ナンバーを変更せずそこで暮らしている(引っ越してきた地元住民)
  • 転勤族
  • 実家の車に乗る一人暮らし大学生

こういったものがあり、報道番組でもたびたび目にします。

ナンバーを変更していない本人も悪いという意見もありますが、このような事態は誰も想定できるはずないので、そのような議論をしてもしょうがないです。

不要不急の外出を自粛するべきであるのに、県外ナンバー狩りをしている方々はむしろその行為自体が不要不急なことに気づいてほしいものですね。

県外ナンバー狩り対策の方法

では、こういった県外ナンバー狩りの被害から身を守るためにはどうすればいいのでしょうか。

ナンバーを変更する

これは県外に車で通勤している方は不可能ですが、住所変更後にナンバーを変更していない方に有効な手段です。

これをおこなうことで県外ナンバー狩りの対象からすぐに外れるでしょう。

ステッカー・紙でアピール

一部では、ステッカーや紙をダッシュボードに置き、「県内在住です」などと地元住民をアピールしている方がいます。

これの効果がどれほどあるかは分かりませんが、何も対策をしないよりはマシでしょう。

株式会社ヒラコーでは、対策用のステッカーを販売していますので、もし不安な方は購入してもいいかもしれません。

株式会社ヒラコー「Hiracoo On Line Shop」

カーセキュリティを設置する

ドライブレコーダーをご紹介する前にこちらも紹介します。カーセキュリティを設置して、音や光で警告するという方法

一度振動を検知すれば警告されるので、音が鳴れば県外ナンバー狩りも逃げていくでしょう。被害を最小限に抑えることが出来るかもしれません。

ユピテル

おすすめはユピテルのAguilasです。

こちらは工具なしで簡単にすぐ取り付けることが出来ます。さらに付属のリモコンを携帯しておけば、車に何か被害があった際に通知してくれます。

これで完璧とは言えませんが、急ぎで簡易的に導入するなら良いと思います。

ドライブレコーダーを設置する

これは被害を受けてしまった後に有効な手段です。

ドライブレコーダーの動画で記録するというのは圧倒的な証拠になりますので、被害後に原因を解明するのに一役買ってくれるでしょう。

ドライブレコーダーを選ぶ基準として以下のようなものが揃っていると安心でしょう。

  • 360°対応または前後をカバーできるもの
  • 画質はフルHD
  • (夜間撮影が可能か )

しかし、このように性能がいいものを購入しようとするとおのずと値段が高くなります。そのため予算と性能を考慮して選ぶようにしてください。

ということで、以下でおすすめのドライブレコーダーを4つご紹介します。紹介するものはオプションで駐車録画機能が利用できますので、ご注意ください。

コムテック ZDR-015

コムテック ZDR-015

こちらは高画質で前後を撮影できる駐車監視機能付きドライブレコーダーです。

「Gセンサー」というセンサーがついており、防犯対策もしっかり出来ます。

県外ナンバー狩りだけではなく、普段の走行時にも十分な性能を発揮するドライブレコーダーですので持っていて損は無いでしょう。

コムテック HDR360G

コムテック360G

こちらも先ほどと同じコムテックの製品です。駐車時の撮影はオプションとなりますが、画質はさらに向上し、視野も360°とどの角度からでも確認ができます。

ケンウッド DRV-MR740

ケンウッド

こちらも高画質対応で、前後を録画できるものとなっています。レンズはF1.8を採用しており、明るく撮影することが出来るようになっています。

駐車場録画をする場合は別売りのケーブルが必要です。

こちらのケーブルを装着すれば最長24時間の録画に対応可能です。

ユピテル marumie(マルミエ)Q-03

marumie(マルミエ) Q-03

こちらはユピテルの高画質360°カメラ付きドライブレコーダーです。

200万画素、HDR(ハイダイナミックレンジ)で鮮明な映像を残します。

ユピテルオプション

しかし駐車機能はオプションですので、購入時はケーブル等が必要になります。

また、レンタカーやカーシェアを使って県外移動をする必要があるという方は以下の記事も参考にしてください。

▷関連記事:レンタカー・カーシェア用おすすめドライブレコーダー3選!レンタカーでも着脱可能なドラレコを紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です